「MLIST」は有限会社ビクトリーセブンが運営するサービスです

MLIST 利用規約

MLIST利用規約

                           平成19年3月5日


 有限会社ビクトリーセブン(以下弊社と言う)が提供するメーリングリスト
サービスおよびメールマガジンサービス(以下総称してサービスと言う)につい
て、以下に記載される利用規約にご同意の上ご利用ください。

第1条(本規約の適用範囲)
 弊社が提供するサービスに対し、本規約は提供されます。

第2条(本規約の改正)
 弊社の判断により本規約はサービスの契約者(以下管理者と言う)の同意なし
 に変更、改正されることがあります。変更の際は、弊社ホームページによりお
 知らせ致します。

第3条(損害の免責)
 1、本サービスを利用することにより、管理者に発生したいかなる損害も、弊
   社は一切の賠償の責を負わないものとします。これは、メールサーバー等
   の障害による電子メールの遅配や送信の失敗等により発生する損害も含み
   ます。
 2、管理者が使用しているサービスに参加をしているメンバー(以下メンバー
   と言う)が本サービスを利用するにあたって何らかの損害が発生したとし
   ても、弊社は一切の賠償の責を負わないものとします。
 3、メンバーが弊社もしくは第三者に損害を与えた場合は管理者の管理責任と
   し、弊社は一切の賠償の責を負わないものとします。
 4、本サービスの利用に際し、メンバーもしくは第三者から弊社に対して何ら
   かの請求もしくは訴えが提起されるなど紛争が生じた場合、管理者の責任
   と費用において紛争を解決するものとし、弊社は一切これに関わらないも
   のとします。
 5、管理者に一切の過失が無く且つ弊社の怠慢もしくは著しい過失によって管
   理者もしくはメンバーが重大な損害を受けた場合は、弊社は管理者に対し
   サービスの利用料3ヶ月分を限度として賠償に充てるものとし、これによ
   り全ての賠償責任を免除されるものとします。
 6、メンバー宛に送信されるメールについて、弊社はメールが正規の受信者に
   対して正常に配信されることの保証は行わないものとします。
 7、弊社は都合により本サービスを廃止する場合があります。その場合利用料
   金は残りの契約期間に応じて案分し返還することで、弊社の全責任を免責
   とします。

第4条(契約の発生)
 管理者は弊社所定の手続きに従って本サービスの利用を申し込むものとし、こ
 の申し込みに対して弊社が申し込みを承諾したときに、本契約は成立するもの
 とします。ただし本規約の何れかに該当する場合、もしくは該当する恐れがあ
 ると弊社が判断した場合は、契約の拒絶、もしくは契約の取り消しを行う場合
 があります。

第5条(利用料金)
 本サービスの管理者は、別途定める料金を利用料として収めるものとします。
 ただし、お申し込み日から起算して2週間までの期間を無料試用期間とし、こ
 の期間に弊社対して所定の方法による解約の通知をした場合に限り、管理者は
 利用料を支払う義務を負うことなくサービスを解約することができます。
 また管理者が初回の利用料を支払い、これを弊社が確認するまでの間、弊社は
 管理者が登録できるメンバー数に上限を設けることができます。弊社が利用料
 の入金を確認し制限を解除した日が無料試用期間を過ぎたとしても、契約期間
 の延長等の保証は行われません。

第6条(メンバーの管理)
 管理者は、管理者の責任においてメンバーの管理を行うものとします。副管理
 者を設ける場合においても管理者の責任において適切な人選を行い、適切にメ
 ンバーの管理を行うものとします。また弊社はメンバーに対して直接サポート
 を行う義務は負いません。メンバーからの問い合わせ等については全て管理者
 が対処するものとし、弊社がメンバーから問い合わせを受けた場合でも対応お
 よび管理者への取り次ぎは行いません。
 弊社はメンバーから要求を受け、急を要する場合には、管理者の承諾を得るこ
 となしに当該メンバーの登録を解除、もしくは設定の変更をすることができま
 す。

第7条(契約の期間および単位)
 本サービスのご契約は最低3ヶ月以上、1年以下とします。ご契約期間の単位
 は3ヶ月とします。

第8条(契約の更新)
 本契約は、契約満了日までに解約のお申し出が無かった場合は、自動的に契約
 更新されます。

第9条(契約の解除)
 以下の場合、弊社は契約を解除します。すでに支払い済みの利用料がある場合
 でも利用料の返却はいたしません。
 1、契約満了による契約の解除
 2、管理者が本規約の何れかに違反した場合。
 3、管理者が本サービスを利用することにより、弊社および弊社が仮借してい
   るサーバーもしくはネットワークに対し、重大なる損害を与えた場合およ
   び与える恐れのある場合。
 4、申込み書に虚偽の記載、あるいは不十分な記載が判明した場合。
 5、管理者が死亡または本サービスを利用することが不能と弊社が判断した場
   合。
 6、複数の第三者から管理者に対する苦情が寄せられ、サービスの適切な利用
   がなされていないと弊社が判断した場合。
 7、メンバーが弊社もしくは他の管理者、他のメンバーの迷惑となる行為を行
   い、管理者がそれを改善させない場合。
 8、その他、弊社が必要と判断した場合。

第10条(法令の遵守)
 本サービスの管理者は、本サービスを利用して、日本の法を犯すような行為を
 してはいけません。また、本サービスを利用して公序の良俗に反するような行
 為を行う事もできません。本サービスを利用して、何らかの犯罪行為に荷担し
 たと管轄当局が判断し書面により管理者の情報の開示を弊社に求めた場合、弊
 社は管理者に対し通告なしでこれを開示することができます。

第11条(守秘義務)
 本サービスの管理者の情報(電子メールの内容も含む)に対し、弊社は守秘義
 務を負うものと致します。第10条に掲げる以外の条件で、管理者の情報を、
 管理者の承諾なしに開示することはありません。これは弊社が偶然にも知り得
 た情報も含みます。
 ただし管理者もしくはメンバーの不注意が原因でサービス内の機密情報がメン
 バーもしくは第三者に漏れたとしても、それは弊社の責任とはなりません。

第12条(禁止事項)
 管理者は本サービスを利用して以下の行為を行うことはできません。
 1、本サービスをスパム行為に利用すること。
 2、第三者を本人の意思の確認なしに、サービスのメンバーに加えること。
   認められる意思の確認は、メンバー登録しようとする者に対して管理者が
   直接確認したものに限定されます。管理者以外が意思の確認を行った場合
   はメンバーに加えることはできません。(具体例:承認済みのリストを名
   簿業者より購入した場合→禁止事項に該当)
 3、本サービスにを管理者以外の第三者へ貸与すること。
 4、道徳、一般常識に著しく反した行為のために本サービスを利用すること。
   いわゆる出会い系サイトやアダルトサイトの宣伝、紹介を中心とした利
   用、および違法行為、猥褻な語句、映像を流通させる行為、公序良俗に反
   する内容を扱う行為。
 5、メーリングリストサービスにおいて、本サービスを媒介して違法なデータ
   の流通および本規約の何れかに違反する行為を行うこと。
 6、実在しないメールアドレスを登録すること
 7、メンバー登録後にそのメールアドレスが実在しなくなった、もしくは何ら
   かの理由により受信不可能となったと知りながら、登録を続けること。
   (配信停止状態の場合を除く)
 8、メンバーから登録の解除を求められた後も登録を続けること。

第13条(制限事項)
 管理者がサービスを利用するにあたり、その利用方法が弊社もしくは他の利用
 者に著しく迷惑をかける場合、もしくはその恐れがある場合、一時的に管理者
 へのサービスを停止する場合があります。その際弊社は管理者に対して改善を
 求め、管理者は改善するよう努力するものとします。改善がみられない場合は
 契約の解除を行う場合があります。

第14条(アーカイブの保存)
 アーカイブは1サービスあたり100MBまで保存されます。容量を超えた場
 合は自動的に古いものから削除される場合があります。

第15条(サービスの停止)
 契約の解除後、即ちに本サービスは停止されます。これ以後、発生したメール
 は、全て管理者に通告することなく弊社により破棄されます。

第16条(料金の支払い)
 管理者は、お申し込み日の翌日から3週間以内に弊社が定める方法で料金をお
 支払い下さい。また、更新料金のお支払い期限は、解約満了日から2週間以内
 とします。ただし希望決済方法がコンビニ決済および郵便振替決済の場合は、
 払込票に記載の期限を適用するものとします。

第17条(変更の届出)
 管理者は氏名、住所、メールアドレス、法人の場合においては会社名など弊社
 に届け出ていた情報に変更が生じた場合は、すみやかに弊社の所定の方法にて
 変更の届出を行うものとします。

第18条(業務委託)
 弊社は機密保持契約を結んだうえで、一部の代金収納業務を社外の代金収納業
 者に委託します。業務に必要な氏名住所等の個人情報は、当該業務を遂行する
 目的に限定したうえで代金収納業者に対して通知されます。

第19条(弊社の義務)
 弊社は管理者が支障なくサービスを利用できるよう、適切にサービスを運営す
 るように努めるものとします。事前に弊社ホームページ上で告知したメンテナ
 ンスを除きサービスは24時間提供され、99%以上の稼働率を保つよう努め
 ます。万が一稼働率が99%を下回った場合は、サービスの提供が中断された
 日数を契約満了日に加算することで対処し、返金等の保証は行わないものとし
 ます。
 管理者へのサービスは契約時点の状態を維持するものとし、その後何らかの不
 都合、不具合等が発見されたとしても、弊社に改善の義務はないものとしま
 す。

第20条(本人の証明)
 管理者はあらかじめ届け出ているIDおよびパスワードを弊社に提示することに
 より、弊社は正規の管理者であると判断します。管理者がパスワードを紛失し
 た場合は管理者のメールアドレスを本人確認のために用い、弊社からの問い合
 わせに回答することにより、正規の管理者であると判断します。
 弊社に届け出ているメールアドレス以外からの問い合わせについては、本人と
 認めることはできません。

第21条(合意管轄)
 弊社と管理者もしくはメンバーとの間で訴訟が生じた場合、埼玉地方裁判所を
 第一審の専属管轄裁判所とします。

(附則)本規約は、平成19年3月5日より実施されます。