「MLIST」は有限会社ビクトリーセブンが運営するサービスです

メーリングリストの利用方法

お申し込み直後の初期設定では、次のような設定になっています。

  • 購読手続き(メンバー登録)は管理者のみ可能
  • 過去の記事(アーカイブ)は管理者/副管理者のみ閲覧可能
  • 配信エラー5回で自動的にそのアドレスへの配信を停止する

メンバーの登録

メールマガジンのメンバー登録をするには2つの方法があります。

  • 管理者が登録作業をする方法
  • メンバー自身で登録手続きをする方法

管理者が登録作業をするには管理者ページで行います

  1. [管理者ページ]にログイン
  2. 登録したいメールマガジンの[メンバー管理]をクリック
  3. 「メンバー追加」のところにメールアドレスを入力して送信

以上でメンバー登録されます。複数のメールアドレスを一括して登録することもできます。 CSVファイルからの登録もできますので、詳しくは以下の目的別設定方法をご覧ください。


メンバー自身で登録手続きをするにはメンバーページから行います

メールマガジンサービスの申し込み時にメンバーページのURL(http://www.mlist.ne.jp/usr/****/、****はメルマガアドレス) が記載されていますので、そのURLをメンバー登録を希望されている方に告知して、手続きをしてもらってください。

  1. メンバーページにアクセスして[登録]をクリック
  2. 入力したメールアドレス宛に確認のメールが来ますので、そのメールに記載したURLを開くか、 メールに記載されている認証コードを入力

以上で完了です。
メンバー登録の解除についても同様の手順で行います。


メールマガジンを発行する方法

メールマガジンを発行するには管理者が管理ページから投稿の手続きを行います。

  1. [管理者ページ]にログイン
  2. 登録したいメールマガジンの[メールマガジンの発行]をクリック
  3. タイトル、差出人の名前(省略可)、メールアドレス、本文を入力して[確認]を押します。この際[テスト配信する]をチェックすると、 実際にはメンバーには配信されず、管理者/副管理者のみにメールが配信されます。 いきなり送信をせずに、まずはじめはテスト送信をして意図したとおりのメールが届くか確認されることをおすすめします。
  4. 内容を確認して問題なければ[投稿]をクリックします。 一度送信手続きしたメールは取り消すことができませんのでご注意ください。

※なおメールマガジンサービスではセキュリティ上の理由により、メールによる投稿は受け付けないようになっています


過去の記事(アーカイブ)を見る方法

はじめて見る場合はアーカイブ閲覧用のパスワードを設定する必要があります。 アーカイブ閲覧用パスワードはメンバーページ(http://www.mlist.ne.jp/usr/****/、****はメルマガアドレス)で設定できます。

  1. メンバーページにアクセスして[設定変更]をクリック
  2. メールアドレスとパスワードを入力(それ以外は空欄にする)して送信すると、入力したメールアドレス宛に確認のメールが 来ますので、そのメールに記載したURLを開くか、メールに記載されている認証コードを入力
  3. 以上でパスワードが設定されます。以下に続きます。

アーカイブ閲覧用のパスワードを設定したあとは、

  1. メンバーページにアクセスして[アーカイブの閲覧]をクリック
  2. メールアドレスとパスワードを入力して送信すると、過去の投稿の一覧が見られます。

管理者/副管理者についても同じ手順となります。
※複数のメールマガジンに登録していても、いずれかでパスワードを設定していれば全てのアーカイブが閲覧できます。


メールマガジンサービスで用意されるメールアドレス

本サービスでは用途別に以下のメールアドレスが用意されています。

  • ****@mlist.ne.jp → 管理者/副管理者宛の転送用メールアドレス
  • ****-staff@mlist.ne.jp →  (同上)
    メンバー登録時の確認メールなどの差出人のアドレスです。 このメールアドレスに返信すると管理者のメールアドレスにメールが転送されるようになっています。 副管理者が設定されている場合には、管理者ではなく副管理者宛に転送されます。
  • ****-admin@mlist.ne.jp → エラーメールの返送先アドレス
    エラーメールの転送設定を「する」にした場合は、このアドレスに届いたメールを 指定したメールアドレスに転送します。「しない」の場合は破棄されます。


目的別 設定方法

メールマガジンサービスは初期設定のままでもお使いいただけますが、お客様の運用方針に合わせて様々なカスタマイズが できるようになっています。[管理者ページ]を開きながら このページをご覧いただくと便利です。

  • メンバー登録は管理者/副管理者のみできるようにし、メンバー自身で登録手続きできないようにしたい
    [基本情報/設定変更]画面の[メンバー登録の方針]→「メンバー登録の方法」を「管理者/副管理者のみ」することで、 勝手に部外者に入ってこられることを防げます。

  • メンバー管理を手伝ってもらうために副管理者を登録したい。
    副管理者の方のメールアドレスを[メンバー管理]の画面からメンバー登録していただき、登録が終わったら メンバー一覧を表示し、副管理者の方の変更画面を表示して「アーカイブ閲覧用のパスワード」を設定してください。 このパスワードは管理ページにログインする際のパスワードを兼ねています。
    次に[基本情報/設定変更]の画面にある「副管理者メールアドレス」に、その副管理者のメールアドレスを設定することで、 管理ページにログインできるようになります。
    なお副管理者はメールマガジンの設定を変更することはできません。

  • メンバー登録時や解除時に任意の案内メッセージを付けて送信したい
    [基本情報/設定変更]画面の[メンバー登録の方針]→「メンバー登録通知メール」「メンバー解除通知メール」を入力すると、 通常の定型文に加えて指定した内容が自動的に本文内に挿入されます。メンバーに対して別途案内することがある場合などに ご活用ください。 詳細はこちらもご覧ください。

  • 特定の人物を出入り禁止にしたい
    [基本情報/設定変更]画面の[メンバー登録の方針]→「登録禁止アドレス」に指定すると、そのメールアドレスでは メンバー登録できないようになります。

  • メンバー登録時に名前を入力させたい
    [基本情報/設定変更]画面の[メンバー登録の方針]→「オプション入力項目」で3項目まで設定できます。入力を必須にするには 入力チェックを「入力必須」にします。未記入でも受け付ける場合は「入力任意」にします。設定内容変更の項目は、 一度設定した内容をメンバー自身が変更できるかどうかの選択です。 例えばCSVファイルから一括登録した情報を変更させたくないといった場合には「管理者のみ変更できる」とします。

  • 配信されるメールのタイトルの形式を変えたい
    [基本情報/設定変更]画面の[配信の方針]→「配信メールのSubject:形式」のなかからお選びいただけます。

  • 携帯電話の指定受信設定時に受信できるようにしたい
    ドメイン指定やアドレス指定を行っている場合は以下のアドレスを許可していただく必要があります。
    ドメイン指定の場合:mlist.ne.jpおよび、配信時の差出人のメールアドレスのドメイン(初期設定はmlist.ne.jp)
    アドレス指定の場合:配信時の差出人のメールアドレス(初期設定は****@mlist.ne.jp)、****-staff@mlist.ne.jp(****はメルマガのアドレス)

  • 宛先不明などの配信エラーになったエラーメールを受け取りたい
    [基本情報/設定変更]画面の[配信の方針]→「エラーメールの転送」を「転送する」にして、その下のメールアドレス欄に 転送先のメールアドレスを指定します。

  • メンバーが返信ボタンを押したとき、差出人のメールアドレスではなく別のメールアドレスに返信させたい
    [基本情報/設定変更]画面の[配信の方針]→「返信アドレス」で返信先を指定できます。 (携帯電話ではこの機能は有効になりません)

  • 添付ファイルはメールで配信せずに、希望する人だけダウンロードできるようにしたい
    [基本情報/設定変更]画面の[配信の方針]→「添付ファイル」で設定することができます。 添付ファイルをダウンロードする方式にした場合は、メールの本文の最後にダウンロードのリンクが追加されます。 ダウンロードURLにはワンタイムパスワードが埋め込まれていますので、URLを外部に公開しないように注意してください。

  • 過去の記事(アーカイブ)の閲覧をメンバーにも開放したい
    [基本情報/設定変更]画面の[アーカイブの方針]→「アーカイブの閲覧」で設定することができます。 なおアーカイブはメンバー以外には公開されません。オープンなメールマガジンなどで広く公開されたい場合は、 他のBlogサービスなどを活用していただくとサーチエンジン効果もあり便利です。

  • 過去の記事(アーカイブ)を削除したい
    [アーカイブの削除]画面ので削除することができます。指定した番号の記事か、全てかを選択できます。 「全てのアーカイブを削除する(シリアル番号もリセットする)」を選択すると、No.1から番号がリセットされます。

  • CSVファイルからメンバーを一括登録したい
    大量のメールアドレスを一括登録したい場合や、メールアドレスだけでなく名前などのオプション項目も一括登録したい場合、 MS Excel等のCSV形式のファイルから一括登録することができます。1行1アドレスで入力していきます。
    ファイルのフォーマット)
     1列目:メールアドレス(必須)
     2列目:オプション項目1(任意)
     3列目:オプション項目2(任意)
     4列目:オプション項目3(任意)
     5列目:アーカイブ閲覧用パスワード(任意、半角英数字4〜20文字)
     6列目:配信フラグ(任意、0=配信しない、1or空欄=配信する)
    ファイルを作成したら、名前を付けて保存→CSV(カンマ区切り)で保存します。
    次に管理ページの[メンバー管理]の[メンバーの追加]にある[CSVファイルから一括登録する]を クリックして登録フォームを表示させ、 [参照]ボタンを押して、先ほど保存したファイルを指定して送信します。 内容のチェックが行われ、問題なければ確認画面が表示されます。問題があればエラー箇所が表示されますので、 ファイルを修正して再度送信しなおしてください。

  • メール本文中にメンバーの氏名などを挿入して配信したい
    メールの文章中には {email} {opt1} {opt2} {opt3} という置換文字が使えます。 たとえばオプション項目1を氏名、オプション項目2を会員番号にした場合、次のように本文に記載することで 内容が自動的に置換されます。
    記入例)
     ○○マガジン第○号
     {opt1} 様(会員番号: {opt2})
     このメールマガジンはご登録の {email} 宛にお送りしています。
     購読解除は http://www.mlist.ne.jp/usr/****/ よりお手続きください。
     バックナンバーも上記URLよりご覧いただけます。

  • メンバー登録時に送信する通知メールに、オプション項目の内容も表示させたい。
    通知メール文の中には {email} {opt1} {opt2} {opt3} {pass} という置換文字が使えます。 詳細はこちらもご覧ください。

  • 配信エラーにより配信停止中のメールアドレスを確認、および一括して配信する状態に戻したい。
    [メンバー管理]→[配信エラー管理]の「配信エラーで配信停止中のアドレスを復帰する」を選択して[次へ]をクリックすると、 該当するメールアドレスの一覧が表示されます。 その画面で[実行]をクリックすると、配信停止状態が解除されます。 個別のメールアドレスの配信状態を変更するには、メールアドレスの一覧表示の画面から個別に変更することもできます。

  • 配信エラーにより配信停止中のメールアドレスを一括して削除したい。
    [メンバー管理]→[配信エラー管理]の「○回以上配信エラーになっているメールアドレスを削除する」を選択して[次へ]をクリックすると、 該当するメールアドレスの一覧が表示されます。 その画面で[実行]をクリックすると、そのメールアドレスの登録が削除されます。

  • カウントしている配信エラーの回数をリセット(0に戻す)したい。
    [メンバー管理]→[配信エラー管理]の「配信エラーになった回数をリセットする」を選択して[次へ]をクリックすると リセットされます。リセットしてもすでに配信停止中のアドレスは配信停止のままです。

  • ホームページに登録/解除用のフォームを設置したい
    こちらをご覧ください。

  • メンバーページの色を変えたり、説明文を追加したい
    [メンバー向けページのカスタマイズ] にてカスタマイズが可能です。 文字や背景の色、画像、説明文、ホームページのリンクなどが設定できます。