「MLIST」は有限会社ビクトリーセブンが運営するサービスです

配信エラーの表示について

メンバー一覧の画面に赤い文字で「配信エラー」と表示される場合があります。
これはメンバーにメールを配信した結果、何らかのメールが戻ってきたとき に起こります。

配信エラーとなる主な理由

  • メールアドレスが間違っている、存在しない
  • メンバーのメールボックスが容量オーバーで、これ以上メールを受け取れない
  • メールのサイズが大きすぎて受け取れない
  • 迷惑メールと判定され受取拒否
  • メンバーがメールを転送していて、その転送先の方でエラーが出ている


「配信エラー」カウントの仕様

  • 「配信エラー」のカウントは、リアルタイムではありません。 12時間毎に集計し、12時間の間に何通エラーメールが届いていても1回としてカウントします。
  • 「配信エラー」の表示は、リセットしない限りずっと残っています。 ですので、表示されていても今エラーになっているとは限らず、過去の結果も含まれています。


Q & A

  • 「配信エラー」と表示されている場合は、今もメールは配信されていますか?
  • メールアドレスがグレー表示になっていなければ、メールは配信されています。 グレー表示の場合は停止中です。

  • メールアドレスがグレー表示になっている理由は何ですか?
  • 指定回数以上(初期設定では5回)配信エラーになった場合は、メール配信が自動的に停止します。 このアドレスにはメールは配信されませんので、配信を再開するには、メンバー一覧の変更画面より 「メール配信」を「する」に設定してください。

  • 「配信エラー」が多すぎて、今エラーになっている人が誰かわかりません
  • 「配信エラー管理」の画面で一旦、エラーのカウントをリセットしてみてください。 リセットしても「配信エラー」のカウントが増えてしまうアドレスが、今現在もエラーになっているメールアドレスです。

  • 「配信エラー」を無視して送信し続けると問題ありますか?
  • あります。配信エラーが出ているのに、存在しないメールアドレスにメールを送信し続けると、 送信先のサーバーに迷惑メールと判断されてしまう可能性があります。迷惑メールと判断されると、正常な別のメンバー宛ての メールまで一律で受信拒否をされてしまう恐れがあります。 なるべく「配信エラー」が出ないように、定期的にメールアドレスの管理をおすすめします。

  • 配信エラーの具体的な原因が知りたい
  • 配信エラーの具体的な原因を知るには、どのようなエラーメールが送り返されてきているのか、 エラーメールを受け取って確認する必要があります。理由はそのエラーメールに書かれています。 初期設定ではエラーメールは破棄されていますので、エラーメールを受け取る設定にするには 目的別 設定方法 の 「宛先不明などの配信エラーになったエラーメールを受け取りたい」をご覧ください。

その他、「配信エラー」については、こちらの 目的別 設定方法 も参考にしてください